アーチャー株式会社は、冷間圧造丸座金(標準品)の日本総輸入元です。

なぜ高炉材を使用するのか?

原材料の違いが製品の品質に影響を及ぼす可能性があります。
高炉材とは?/電炉材とは?

電炉材でも良質のスクラップだけを原料とすれば、高品質な材料を作ることが可能です。しかし、少しでも悪質なものが混ざっていれば、製品の仕上がりにバラつきがでてしまいます。常に安定した製品をお客様にご提供するため、冷間圧造丸座金の母材は全て高炉(台湾、CHINA STEEL 社)コイル材です。製造ロット管理により全ての製品はロット追跡、ミルシート(材料証明)の提出が可能です。
冷間圧造丸座金の品質の高さを材料についてもお確かめ頂けます。
※一部高炉材といえども、良質なスクラップを含有しているケースもあります。